autoflags

コンテンツのご紹介

雑記帳はこちら

 
フェイスブック
instagram


LINE
スーパーヨンク

X4X_BNM

QRコード

「デリマガ」購読してね!

デリカ乗りの為のメールマガジン「デリマガ」不定期ですが、最新の製品情報、イベント情報、キャンペーン情報などをお送りいたします。ご登録は簡単!メールアドレスを入力後登録ボタンをクリック!!
【注意】こちらからの登録は、メルマガ購読申込みだけで、オンライン会員登録とは異なります。
商品購入時オンライン会員登録時も、メルマガ購読申し込みができますので、二重になる場合はこちらのメルマガ登録を解除をお願いします。

便利グッズ エクステリア インテリア サスペンション
 エレクトリカル ライティング タイヤホイールセット ホイール
タイヤ キャリィング&トゥイング ブレーキパーツ マフラー&スープアップ
エンジンケミカル メンテナンスリペア アパレル ステッカー
エンブレム アクセサリー LEDが納得価格! お買い得が満載!アウトレット商品ご希望ならココ!
HOME»  メンテにこだわる»  ブレーキ、本当に今のままでよいですか?

ブレーキ、本当に今のままでよいですか?

デリカ(スペースギア D:5)に乗ってる人は、ブレーキの性能に満足してますか?

使い方が人それぞれなんで、「十分」と言う人もあれば「不満」という方もいるでしょうね。
「本当のところこれでイイのかどうなのか判らない。」って言う方に、
私なりに考えた判り易い解説をお話しましょう。
同じ三菱車で比較させてもらいますが、初代ディアマンテと、スペースギアは同じくらいのスペックの
ブレーキ装備となっているはずです。
まず、スペースギアのブレーキですが、オーバーフェンダーを持たない5ナンバーボディーに
タイヤホイールを収めようとする為、ローディスクの15インチホイールを装着するしかない。
結果・・・。 F:275mmのベンチレーティッドディスクに、2ポッド片持ちキャリパー R:310mmの
ソリッドディスクに、シングルポッド片持ちキャリパー この頼りなさげなスペックのものしか装着できない。
この数値は初代ディアマンテとほぼ変わらないようです。

さらに、ディアマンテは最下級グレード以外、リアもベンチレーティッドと言う豪華装備!
ディアマンテの通常グレードの25Vの車輌重量が1530kg スペースギアのシャモニーのディーゼルは
車輌重量2050kgで その差は520kg 大人一人を65kgで計算するとちょうど8人分に相当します。
スペースギアでフル乗車すると、全部で2570kg これをディアマンテに置き換えると
ディアマンテに16人乗って走ることになるわけです。これじゃ、はっきり言って止まりませんよね。
「ディアマンテには16人乗れないでしょ?」って言うでしょうが、デリカのフル乗車はそれに近い状況なんです。
でも、涼しい顔して乗っていたりします。ここでパニックブレーキを踏まなくてはいけない状況に陥ったとすれば・・・。(恐)

さて、もうお分かりでしょうが、デリカのブレーキキャパシティーは、はっきり言って小さすぎます。
自分で、車検に持っていた方なら経験があるかもしれませんが、
「リアの制動力が、なかなか基準に達しなくて苦労した。」って話は結構有名です。
きちんと整備できていてもこの状態ですから、普段は全く論外でしょう。

そこで、(ここからは宣伝やけね・笑)ブレーキパッドの交換をおすすめ。
当社のラインナップは非常に多岐に渡りますが、まずはブレーキパッド!
FLAGS feat. PROTIXをおおすすめします。この商品は当社だけで入手できる専売品でして。
効きはもちろんの事、耐久性、耐磨耗性、低ダスト、低異音、低価格と、
すべてのデリカユーザーが求める総合性能を満足できる商品として 胸を張ってお勧めできる商品です。
FLAGS feat. PROTIXNISSINBOさんと当社でテストを重ねてきた商品で、
是非皆さんに試していただきたいと思います。 安全はお金を出してでも手に入れる。
燃料費ばかりに気を取られてると、思わぬアクシデントで、大きな出費を強いられる事になりかねませんよ。
ちなみに、軽くなったD:5ですが、やはりアウトランダーと同じ容量のブレーキとなってます。
しかも、重量は250kg増し、大人約4人分です。アウトランダーに7+4で11人乗車と言う計算も成り立ちます。
きついですよね。 パッドが減ってからという気持ちもわかりますが、「転ばぬ先の杖」昔から言いますからね。
ブレーキのうんちくはこちらから じゃ、チョッと試してみようか?って言う方はこちら