• facebook
  • line
  • instagram
TOP
LEDにもこだわる
FRP製品について
新車コンプリート
送料について
お問い合わせ  

×

CATEGORY

HOME»  ブログ記事一覧»  コンテンツのご紹介»  LED使用上の注意

LED使用上の注意

LED使用上の注意

【LED全般 装着時の注意事項】
・高輝度SMDの為、長時間直視しないでください。目を痛めます。
・指定の使用用途以外に使わないでください。
・商品説明が無い限り、全品12V専用品です。10V~15Vまでの電圧下でご使用をお願いします。
・運転の妨げとなりますので、ルームランプは走行中に点灯しないでください。
・発光面を手で触らないで下さい。破損の原因になります
・発送前に全点数点灯確認を行っております。が、車両装着前に必ず今一度点灯確認をお願いいたします。
・両面テープ付きの物は必ず点灯確認を行ったのちに両面テープを剥がしてください。
・分解、基盤への加工などをしないで下さい。
・無極性設計のLED以外は+-極性があります。点灯しない場合は、逆接続を試してください。(短時間であれば破損しません)
・商品の初期不良1週間は交換対応いたしますが、以降のクレームについては、一切対応できません。

【D:5で複数のルームランプ用LEDを装着されている方へ】
三菱車の比較的高年式車は、ETACS(CPU)にて車両全体の電流量を管理しています。多くのLEDを装着されている場合、キーオフ状態でルームランプを一か所のみ点灯すると、回路全体の消費電流量が少ないため、球切れ状態だと誤認してCPUが電流を制限して点灯不良を引き起こすことがあります。
また、各回路には待機電力が供給され、そのため微弱電流でも反応してしまうLEDチップは微発光現象を引き起こしてしまうことがあります。
この状態でも実際に流れる電流量は電流計でも測定不能なほど微弱なものです。この現象をなるべく発生させないようにLED毎の電流量を調整したりゴースト点灯防止回路を組み込んだりしておりますが、他社のLEDなどとの組み合わせ、使用状況によりこの現象が現れてしまいます。
この場合は、キーをACC位置で使用されるか、複数のランプを同時に点灯することで対応してください。

【ハイマウントストップランプ装着時の警告灯点灯対策】

ハイマウントストップランプのみの装着では何ら問題ございませんが、テールランプのスモール&ストップランプを社外のLEDバルブに交換されている場合、電流量が少なくなり過ぎてメーター内のABS警告灯が点灯したり、フューズ切れを起こす場合があります。対処方法としてはハイマウントストップランプのノーマルバルブを二個ノーマルに戻すか、テールランプのバルブをノーマルに戻すことで対応可能です。

【H8やH11バルブを装着される場合の注意事項】
H8バルブをコーナリングランプとして装着する場合、シェード(遮光板)にバルブヒートシンクの先端が接触することがあります。
その際には、バルブ取り付け穴からドライバーなどを差し込んで、遮光板を少し動かして調整してご使用ください。接触したままご使用になりますと、ショートの原因や思わぬトラブルになります。必ず接触しない位置でご使用ください。
また、純正バルブを外す際には、元の取り付け方向や角度を必ず確認の上、バルブ台座を外してください。取り付けの際に方向が分からず、無理やり装着しようとして発光面を傷付けたり、破損するケースが見受けられます。バルブは優しく扱いましょう。
 

2018-01-06 13:52:35

コンテンツのご紹介

 

STAFF募集

求人広告

一押しパーツ

ボンネットミラー
構造変更の必需品!
X4Xボンネットミラー

ペダル
ドアを開けた瞬間
ワクワクが貴方を出迎える。

CATEGORY

CONTENTS

JEEP PARTS SHOP
ランドスケイプ
KMC
KMC